婚活に向いている人、恋活に向いている人

ある程度の年齢になると、「周りはどんどん結婚しているのに、自分には相手すら見付からない」という場合はどうしても焦ってしまいますが、そんな時は一歩立ち止まって考えてみる必要があります。
根本的な部分で、間違えている可能性があるからです。
婚活に似た物に「恋活」がありますが、それぞれ向き不向きがあります。
まず、「デートがしたい」「チヤホヤされたい」という人は、恋活向きの人です。
この場合は、合コンや街コンなどで出会いを求めるのがおすすめです。
お見合いパーティーのように身構える必要がないため、気軽に参加することができます。
一方、「安心感が欲しい」「家族が欲しい」という人は、婚活が向いています。
この場合は、お見合いパーティーに参加したり、婚活サイトを利用するのがおすすめです。
こういった場では、「お互いに結婚の意思がある」ということを前提としているため、運がよければすぐに決まりますし、「合わない」と思った場合でも、すんなり次の相手を探すことができます。
もちろん、結婚においては「愛情」も重要な要素ですから、その点では恋活と重複する部分もありますが、両者の違いを把握しておくことで、「自分が本当にしたいのは、恋愛なのか結婚なのか」ということが分かるようになります。

«
サブコンテンツ

このページの先頭へ